トップページ | ブラウザ三国志自作ツール(2) »

ブラウザ三国志自作ツール

ドワクエ2期でクラフト+、3期でCrafordを名乗っているプレイヤーです。

よろしくお願いします。

元々は mixi 9+10鯖時代の終盤に、領土処理が面倒だったため、個人利用のために便利ツールとして設計・開発したのがこのツールです。
初期バージョンはかなり機能が少ないツールでしたが、数多くの機能追加と利便性向上の改修を経て、いまは非常に多機能なツールになりました。

初期開発後、いろいろな用途に使えるようにしたこともあり、大変便利なので、この機に一般公開に踏み切ることにしました。よろしければ利用してみてください。

継ぎ足し継ぎ足しでソース拡張したため、プログラムコードはあまり精査されていないどころか、雑な部分が多数あるかと思います。

なお、mixi専用であるため、本鯖での動作確認はしておりませんのでご了承ください。

前書きはこのくらいにして、ツール本体の紹介です。
このツールは全体マップに機能拡張するツールで、基本デザインは以下のようになっています。

Pic1_2

画面上の機能追加は大きく4点です。

  • マップの領土上への情報表示の追加
  • マップ画面左下へのレーダーマップ表示(表示画面内の縮小領土表示)
  • マップ画面右上への本拠地リストの表示
  • 画面下への検索機能の追加

本拠地リスト(左上)

本拠地リストですが、これは「現在表示されている画面内」に存在する全てのユーザーの本拠地の座標を、プレイユーザーの視点からみたカラーで着色して表示しています。画面内に本拠地が存在しない場合は、一覧は表示されません。
文字色は、ブラウザ三国志の領土表示のカラーに準拠しています。

レーダーマップ(左下)

こちらも、本拠地リスト同様に「現在表示されている画面内」の全領土、拠点について、レーダー上に着色表示します。表示サイズは、現在の表示サイズに従いますので、11x11、15x15、20x20の3種類が存在します。

検索ボックス(下)

検索ボックスは、マップ上に表示する情報を操作するための各種機能を搭載しています。こちらは機能が多数存在するため、次の記事で紹介いたします。

トップページ | ブラウザ三国志自作ツール(2) »

ブラウザ三国志」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145633/49550713

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザ三国志自作ツール:

トップページ | ブラウザ三国志自作ツール(2) »