« 2015年10月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

ルート作成ツール(追記)

お疲れ様です、Crafordです。

いま遠征頑張ってる人たちにアイデアをもらいつつ更新したのがこのツールですが、機能として足りているのかがわかっていないので、何かあれば遠慮なくコメントいただければと思います。
ただ、重くしないことを前提にしているので、あまり複雑なしくみは組み込めないと思います。

あと、歴史書モードでは動かないようにしていますのでよろしくお願いします。

ルート作成ツール(操作マニュアル:基本操作その3)

○通過する領地の設定

ルート構築の経路として、どこを通過したいのかは、設定ボックスで設定することができます。

「探索レベル」は、★いくつ以下の領地だけを通過してルートを組み立てたい場合に操作します。初期値は★1です。

「通過対象」は、ルート構築の際に、空き地だけか、他人の領地も通過するかを選ぶことができます。初期値は「空き地のみ」です。

「非通過領地」を設定すると、「探索レベル」「通過対象」でルートを組み立てる際、ルートに含めてほしくない★数、資源パネルの組み合わせを記載することにより、ルート生成でそのパネルを回避することができます。

文法チェックは厳密なので、★が☆でも通るとか、カッコが全角でもいけるとか、そういうことはありません。例にしたがって記述してください。解釈できない記載があった場合には、読み取れない定義は無視されます。

「非通過領地」を設定すると、ルートポイント設定時に、マップ上で該当領地が取り消し線で描画されます。

「通過数上限」を設定すると、ルート構築時に、設定した★数以下のルートが作れるかを探します。ただし、速度優先のため、目でみて組み立てられるルートがあっても、ツールが検知できない場合もあります。その場合には、通過数上限を緩めてください。
将来的に改善できる可能性はありますが、いまのところ最適な対応策が見つかっていません。

○強制通過ポイントの設定

ルート計画時に、★3以下で経路を作りたいけど、どうしてもショートカットのためにここの★5はルートに組み込みたい、というのがあると思います。

そういうルートを組みたい場合には、強制通過させたい座標を中間点に設定することで、強制的にルート経路に組み込むことができます。

「S」→「a」のルートを、★3以下の空き地で組みたいが、どうしても経路上赤丸の★4を通過したいという以下のケースの場合、

★4を経路「a」にして、「S」→「a」→「b」とすることで、「a」の場所にあった★4を経由するルートを組み立てることができます。

これにより、ルート生成時に、基本空き地で組むけど、一部だけどうしても他人の領地をパスしたい、といったルートも組めるようになっています。

○確定済ルートの描画

ルート構築の際、一度組まれているルートを画面上に描画して、続きのルートを組みたい、というケースがあるかと思います。

これについても対応しており、生成ルート枠に座標を羅列し、「反映」ボタンを押すことで画面にルートを描画できます。
ただし、着色されているのは、ルート構築モード中のみです。

○空き地の探索

ルート作成時の補助機能として、「空き地探索」の機能をつけています。
例えば5期であれば、「★9(0-0-0-18)」がどこにあるか探したい、などという需要を満たすことができます。

例えば、W2鯖で、★9(0-0-7-4)の座標を見たい、なんて場合には、

とかいて、「反映」を押せば、その場所を教えてくれます。
ただし、着色されているのは、ルート構築モード中のみです。
非通過領地と同様、複数の領地を着色できますが、現状色の塗り分けはしていないので、すべて同色になります。ご容赦ください。

○「保存」について

保存は、「生成ルート」を除く、各設定欄に入力した内容を保存します。
この設定は、次にルート構築モードにした際に、画面上に自動反映された状態で復元します。

つまり、非通過領地や空き地情報などが、51x51上にマッピングされた(取り消し線での描画、青背景に白文字での空き地描画」)状態で復元します。

保存しない場合であっても、設定内容はそのルートモード中は自動的に適用されますので、★2以下でルート組む、でコースが長いので、一時的に★3以下で見てみるか、なんて場合には、保存せずに「探索レベル」を★3以下にすれば、★3以下でのルート作成検証が可能です。

ルート作成ツール(操作マニュアル:基本操作その2)

○基本操作(ルートの延長)

先ほど設定したルートの見直し、あるいは延長をする場合には、次のように操作することでルートの再設定が可能です。

ルートが設定された状態で、新たなポイントを左クリックすることで、「c」に続く中間点を新たに定義できます。

○基本操作(ルートの見直し)

ルートの見直しをする場合には、すでに設定されたポイント「S」「a」「b」「c」のいずれかを左クリックすると、そのポイントから先をすべてリセットすることができます。

「b」を左クリックすると、ポイント「S」「a」を残して、「b」「c」が消去されます。

ルート作成ツール(操作マニュアル:基本操作その1)

○基本操作(画面の説明)

ツールをインストールして、51x51のマップを開くと、画面左上にボタンが出現します。

このボタンを押すと、51x51マップの縁が緑色になり、画面の一番下に、設定画面が開きます。
万一設定画面の下半分が切れてしまって見えない場合には、別タブで51x51画面を開いて同様の操作を行ってください。

ルートモード中は、左クリックで領地画面へジャンプすることはできなくなります。元の51x51に戻るには、「ルート構築をやめる」ボタンを押してください。

○基本操作(ルートの設定)

51x51の画面上で、任意の座標を左クリックすることで、開始ポイントである「S」がマークされます。
続けて、任意の座標をクリックすると中間点「a」がマークされます。
同様にして、いくつかの経路を設定することができます。

以下の例では、「S」→「a」→「b」→「c」の4点を設定しています。

この状態で、右クリックを押すことで、中継点をすべてつなぐルートが生成されます。

生成されたルートは、設定ボックスの右のルート欄に掲載されますが、最初から全選択されていますので、設定ボックスが見えない状態であっても、「Ctrl+C」でコピーすることが可能です。

設定したポイントへの経由ルートが確立できない場合には、

エラーが表示されますので、ルートを見なおすか、操作説明書その3の設定ボックス等で条件を緩和してください。

ルート作成ツール公開

お疲れ様です、Crafordです。

領土検索ツールが流石に提供から5年たち、現在の用途に耐え切れなくなってきていることもあり、ルート構築部分のみのツールとしてリニューアルしました。
本ツールは、実行にあたり51x51マップのhtmlデータのみを利用しているため、通信は一切発生しません。

ルート構築ツール
http://craford.sweet.coocan.jp/content/tool/route/bro3_route_builder.user.js

このルート構築ツールは51x51専用ですのでご注意ください。

動作検証をしているのは、mixiサーバ、FireFox44.0.2 + GreaseMonkey3.6です。
Tempermonkey、Palemoonでは動かない可能性が高いです。ご了承ください。

また、51x51画面に加工するツールが他に共存している場合も、動かない可能性がありますので動かない場合には、他のツールを切ってお試しください。

なお、対応サービスはブラウザ三国志の通常マップのみです。
ブラウザ一騎当千や、メガミエンゲイジなどの亜種、イベントサーバ等には対応しておりません。

対応を希望される場合は、コメントでご要望ください。
ただし、多忙な身であることと、データ構造上の問題等により、調査の結果実現できない場合もありますのでご了承ください。

○ご支援について

本ツールは無料配布ですので利用にあたって支払い等は不要です。

ツール利用にあたり、Crafordあてにご支援いただけるかたがいらっしゃいましたら、

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B004N3APGO/gcrnsts?ie=UTF8&qid=1455814804&ref_=lp_3131877051_1_1&s=gift-cards&sr=1-1

こちらで、メールアドレス newsteps@nifty.com 宛にギフトを送っていただけるとツール開発・保守等にあたって励みになります。

よろしくお願いします。

ツールURL

とりあえず、移動先です。

領土検索ツールVer2.50(新ルート作成ツールではないので注意)
http://craford.sweet.coocan.jp/content/tool/2.50/bro3_npc_castle_info2.user.js

オートビルダー(過去発言、コメントにあるような不具合あり。未完)
http://craford.sweet.coocan.jp/content/tool/autobuilder/bro3_auto_builder2.user.js

ツール状況

お久しぶりです。

ニフティの古いサービス閉鎖にともない、ftpサイトを1末で閉じたままにしてました。
そのためツールにアクセスできなくなっていたと思いますが、本日再度各種リンクを掲示します。

ビルダーの現状ですが、仕事が多忙なことと、100%短縮の対策がなかなかできないこともあり、停留してます。
いま手元で知力27ゴチ10のカードを作っているところなので、今しばらくおまちいただきたいです。設計があまり良くない点等もあるため、保存データに影響を与えない形で見直しをしたいと思います。

また、2/20頃になるかとおもいますが、ルート構築ツールの新バージョンを提供予定です。
51x51サイズ限定で、領土検索ツールのころのルート検索よりはるかに高性能化したものを準備しています。
W2の統合にはテストの都合で間に合わないのですが、マニュアル等の準備もあるため、多少お時間をいただきます。

以上

« 2015年10月 | トップページ | 2016年3月 »